MENU

2K0A1921補正

食欲の秋だもの、おいしいものをたらふく食べたい。
北海道の旬の味覚が集結する、秋の祭典のお話。

 

こんにちは。先日、G8 Summitの編集長に就任した仲吉です。

はじめての記事にもかかわらず、ゆるい題材ですがお許しください。

さて、札幌は朝夕めっきり肌寒くなり、秋の訪れどころか冬の気配すらやや近くに感じてしまう今日この頃。そんな季節でも、札幌中心部の大通公園は熱気に包まれています。なぜなら今年も、食の祭典「さっぽろオータムフェスト」が開催されているからです!

2K0A1946補正

北海道・札幌の食をメインテーマとし、道内各地から旬の味覚やご当地グルメ、人気店が一堂に会するオータムフェスト。夏の「さっぽろ夏まつり」と冬の「さっぽろホワイトイルミネーション」の間が集客イベントの空白期間であったことから、秋にもにぎわいのあるイベントを開催したいと2008年に始まりました。

2014年には来場者が200万人を超え、札幌市もとい北海道を代表するイベントの一つに。この時期になるとSNSではオータムフェスト行ったよ自慢がよく見られます。

今年はまだ足を運べていなかった著者が、取材にかこつけて行ってきましたので、会場の様子や実際に食べたおいしいものをご紹介します。会期終了直前にすみません…来年の参考にしてください(むしろこれこそ、行ったよ自慢ですね)。

2K0A1883補正Instagramで見かける構図。著者はやりがち。ちなみにこれは「クロワッサンドカタラーナ」

会場は大通公園1丁目、4丁目〜8丁目、10丁目、11丁目とほぼフル活用しており、各会場でテーマが異なります。ビール、ラーメン、肉、スイーツetc…時間があれば網羅したいところですが、ぐっと堪えて今回は6丁目会場と7丁目会場に行ってきました。

 

6丁目会場:あおぞら×ほしぞら収穫祭 6丁目はーべすとバザール

2K0A1830補正

 

和食からエスニックまでさまざまなジャンルの店が並んでいたり、ワンハンドフードコーナーやグリル料理専門コーナーがあったりと、札幌エリアの話題の味が楽しめるエリア。平日の昼間とは思えないほどにぎわっていました。この日は少し気温が低かったのですが、ソフトクリームを食べている人がとにかく多い!一大ブームとなっているシメパフェはここでも人気でした。

 

7丁目会場:大通公園7丁目BAR

2K0A1893補正

 

道産原料や道内醸造にこだわったワインや清酒、クラフトビールなど北海道のお酒が大集合しているエリア。さらに海鮮からお肉まで、お酒に合う料理も並んでいるとあって、こちらも多くの人でにぎわっていました。

ここでのお目当ては「NISEKO PIZZA」。毎年大人気のお店で、週末ともなると長蛇の列なので諦めることもしばしば。ですが今回は平日!行くしかないでしょうということで、無事にマルゲリータをゲットしました。6丁目で購入した道産和牛の炙りうにく丼と、「札幌らっきょ」のスープカレーと一緒においしくいただきました。

2K0A1877補正スープカレーはかぼちゃにお米を詰めていて、器ごと食べられる変わり種でした。奥に見えるのはワインではなくりんごジュースです。

 

とにかく来場者が多いので飲食席はすぐに埋まってしまいますが、天気のいい日は大通公園の芝生に座ってのんびり過ごすのもおすすめ。音楽ライブが開催されることもあるので、ビール片手に聴いて歌って…なんて楽しみ方もいいですね。さらに、衛生環境向上の一環として「牛乳石鹸」の手洗い場が設置されていたり、道内各地の高校生が地元食材を使って企画開発した商品を販売するなど、歩いているだけでも楽しくなる仕掛けが盛りだくさん。道民にも観光客にも愛されるイベントになるのも納得です。

2K0A1943シメは北海道らしく、本ズワイガニの甲羅炭火焼き。これだけ8丁目会場で購入しました。

 

北海道新聞の記事によると、2020年の会期は9月11日から10月3日までの23日間だそうです。今から来年のカレンダーに予定を入れておきましょう!