MENU

summitメイン

一年の締めくくりは全員で選ぶMVPに拍手!
ひっそり開催の社内表彰第3回、“Gear8 Award 2019”のお話

 

2017年の年末に創設されたGear8 Award。その年の個人MVPと、ウェブサイトやプロジェクトなどの案件MVPを、スタッフ全員で投票して決める社内表彰制度です。個人的にお世話になった人、とにかく褒めてあげたい人、好きだったデザインやアニメーション、自分ががんばった!楽しかった!など理由はなんでもアリ。一年の振り返りにもちょうどいいので、3年連続で今年も実施しました。

集計係は広報ただ一人。みんなにバレないように開票して、スライドを作って、賞状を用意して…という過程はなかなかスリリングでした。なにせ広報交代後はじめてのAward。しかも実際に参加したことがない、あるのは昨年のスライドとSummit記事だけ。さあ困ったぞと思いながら、手探りで準備を進めていきました。

こうして仕事納めの昨年12月27日、発表されたのがこちらです。

20191227_awardスライド_ページ_07

一年間にリリースした案件の中から最も好きなもの、印象的なものなど各々の視点から選ぶ年間MVP、BEST PROJECT賞。ひとり2票を投票した結果、最も得票数が多かった案件とは!?

 

 

 

 

 

 

 

the BEST PROJECT goes to…

 

 

 

 

 

 

 

pt001

POTOMAK ウェブサイト】

全国で飲食店を展開されているポトマックさまのウェブサイトが選ばれました!
投票とともに寄せられたコメントには「奥行きのあるアニメーションがすごい」「いいブランドイメージになっている」など、不思議でかっこいい仕上がりに心惹かれた人が多かった様子。さらには「ギアエイトに入社してみたいと思った制作実績の一つ」との声も!

手がけたのは水野、北川、須藤、そして現在育休中の沖野でした。(なんと北川を除く3名は2年連続の受賞!)

2K0A4884cut

お三方には賞状と、ちょっといいランチにいける金一封が授与されました。おめでとうございます!ランチ行ってくださいね~!

続いては、個人の年間MVPを発表!こちらはひとり1票とし、開票したところ接戦となりました。果たして誰が栄光に輝くのか!?

 

 

 

 

 

 

 

the MVP goes to…

 

 

 

 

 

 

 

2K0A4920cut

ディレクターの待島!写真と対になるポーズでパシャリ。

2018年に水野賞を受賞した待島。2019年はさらに社内外で活躍の場を広げ、今回はじめての個人MVPとなりました。寄せられたコメントは「何でもできる姿がとにかくかっこいい!」「研修のときに最初に声をかけてくれて感動しました」「インプットとアウトプットがすごい、いろいろ学びたい」と、優しくて頼りになる存在であることがわかる内容でした。
賞品は伝統の釜炒り製法でつくられたボトルティー。ご家族で楽しめるちょっといいものを目指してセレクトしてみました。おめでとうございます!

 

…と、ここまでは会社でのお話し。

最後に忘年会会場にて発表されたのは、水野賞!代表の水野が個人的に選んだMVPです。
これだけは広報も知らない、本当のサプライズ。果たして誰が選ばれたのでしょうか?

 

 

 

 

the MIZUNO MVP goes to…

 

 

 

 

プランナー山田!ぱちぱちぱち~

2K0A5334cutカメラマンの腕がよくないためにブレブレの写真しかない中、唯一山田の笑顔を収めていた1枚。持っているスケッチブックは気にしないでください、ちょっとした余興のものです(笑)。どうしても気になる方は山田まで…。

タイ国際旅行フェアやタイ工業省ビジネスマッチングなどのTrippinoブース出展に伴う準備やスケジュール調整、11月には2回目のファンミーティングを行うなど、これまで以上に精力的に活動したことが評価されての受賞。さらにはラジオパーソナリティー時代の縁を活かし、エアジーに出演してTrippinoを宣伝するなど山田だからこそできる仕事が盛りだくさんの一年でした。
賞品は手配中とのことでその場では見られませんでしたが、水野の発案により、ちょっとしたゲームで山田本人に賞品が何かを当ててもらう流れに。そのゲームとは……おえかき伝言ゲーム!

食事中に突然「絵心ある?」と周りのスタッフに聞いていた水野。そういうことだったのか…!

こうして水野、秦野、長、そして新メンバー橋本によるおえかき伝言ゲームがスタートしました。みなさんもぜひ、賞品が何かを当ててみてください。

 

1番目は水野。これだけでわかる人もいるのでは?だがしかし、このままでは進まないのがゲームの面白いところ。

2K0A5260cut

 

このあと橋本→長→秦野の順番で絵をつないでいきましたが、なんだか後半は雲行きがあやしいかも…?答えを知っている他のスタッフは笑いをこらえたり、「違う違う」と叫んだり。
2K0A5269cut2K0A5276cut2K0A5292cut

山田が見るのは秦野の絵だけなので、出した答えは「イヤフォン」。大目にみての正解となりましたが、おわかりでしょうか、水野賞2019の賞品はAirPods Pro。正解が書いてあるページには「うどん!」とも書いていました。

 

こうして2019年も盛り上がったGear8 Award。2020年の年末にも笑って開催できるよう、おもしろいこと、新しいことにどんどん取り組む一年にしたいものです。

 

▼過去2年間のGear8 Awardの結果はこちら。
2017年:はじめての社内表彰で選ばれたのはどの案件&スタッフか?
2018年:個人MVPが同率1位で2人に!