MENU

G8 Summitはこの春でようやく一歳。
みんなでコツコツ、書き溜めた記事からベスト10を振り返るおはなし。

 

 

こんにちは、広報の沖野です。
早いもので、このG8summitを本格的に更新し始めてから1年が経ちました。存在自体が希薄だったこの隠れたブログも、参加するスタッフが増え、記事の数もどうにか増えてきて、地道にコツコツと成長しています。

せっかくの1周年なので、これまで1年間の閲覧数に基づいて記事ランキングを出してみました。
G8summitではどんな記事がよく読まれているのでしょうか?確認していきたいと思います!
ではさっそく10位からサクサク発表していきましょう。

* * *

 

 

 

▼第10位

剣淵町×TrippinoHOKKAIDO
ライター:プランナー山田

TrippinoHOKKAIDOと道内地方自治体の事例
Trippinoを使って実際に剣淵町を訪れてくれたタイ人旅行客が友人のようにコメントをくれる、Trippinoならではのあたたかいエピソードなど実際の取り組みを紹介した記事です。


▼第9位

G8memo #4 自社サイトを多言語化!
ライター:広報沖野

約1年前に当サイトをタイ語と繁体字に翻訳した際のインタビュー記事です。翻訳という仕事や外国籍スタッフのGear8に対する思いなどにちょっぴり詳しくなれる記事です。
ちなみに現在は英語版も対応済、画面右上の▼LANGより切り替えが可能になりました。
冒頭で韓が答えている台湾人スタッフの人数も3人に増えましたね。

 

▼第8位

G8memo #9 オフィス移転
ライター:広報沖野

2017年10月1日より現在のオフィスにお引越しをした際の、引っ越しエピソードと新オフィス紹介の記事。
現在は既に引っ越しから半年ほど経ち、スタッフもオフィスの使い方や通勤ルートにようやく慣れてきたところです。ここ数日は春めいてきたので自転車通勤するスタッフも増えました。
最後にはVRパノラマツアーの Grooonも作成いただいて挿入してあるので、オフィス訪問気分も体験できます。

 

▼第7位

タイでグランピングを体験してみた話
ライター:ディレクター梅木

Gear8Thailandの梅木がタイのおすすめスポットをレポートしてくれている記事です。
日本でも数年前からグランピングが流行っていますが、タイでもできちゃうらしいですよ。
おしゃれで快適なタイのグランピングを覗いてみましょう。

 

▼第6位

札幌生活 #1 移居到札幌(札幌への引っ越し)
ライター:デザイナー韓(本文繁体字)

台湾から京都、京都から札幌へ移住してきた韓が初めて書いた記事です。
全編繁体字なのでわたしも読めませんが…写真と雰囲気で雪国に驚いたのは伝わってきますね。
冬季漫長,夏日短暫,被廣闊的大自然與美食所環抱,也被稱做日本食材的寶庫…なんとなく札幌の紹介もわかります(笑)

 

▼第5位

G8memo #3 北海道神宮でラジオ体操
ライター:広報沖野

タイ関連の記事が上位なのですが、意外にもこちらの記事が5位。夏休みシーズンのアクセスが多かったですね。
札幌に住んでいてもなかなか知らない方が多い北海道神宮の朝のラジオ体操に参加してみた記事です。
今年もようやく春めいてきたので、早起きしたいものです…皆さんもぜひ試してくださいね。

 

▼第4位

タイ語フォントの使い分け方
ライター:ディレクター梅木

タイ在住ですがタイ語が苦手な梅木が、デザイナーのアムとタイ語のフォントについて解説している記事。
なかなか馴染みがない方も多いかもしれませんが、分かりやすくまとめられています。
くるくるとマルが付いている”フォント・ミー・フア”は特に可愛らしいのですが、わたしは読める気も書ける気もしません..。

 

 

さてここから年間ベスト3ですね!

 

 

 

▼第3位

憧れのビーチ、クラビへ行ってみた。IMG_8254
ライター:ディレクター梅木

梅木が休日を利用してタイのビーチリゾートへ。羨ましいレポートです。
タイ人も一度は行ってみたいという『クラビ』とはいったいどんなところでしょうか?

 

 

 

▼第2位

バンコクの下町オンヌットのご紹介
IMG_8567ライター:ディレクター梅木

こちらも梅木より、タイの紹介記事です。梅木のタイ関連の記事が人気ですね!
旅行の際の参考などにもしていただけているのでしょうか?オンヌットと検索して見つけてくださっている方が多いようです。
個人的には最後にさらっと紹介されている『唐揚げホステル』の唐揚げが気になります…。

 

 

 

▼第1位
การออกแบบด้วยฟอนต์ภาษาญี่ปุ่น(日本語フォントの使い方)summitheadphoto-01ライター:デザイナーアム(本文タイ語)

栄えある1位に輝いたのはGear8 Thailandのデザイナー、アムの書いたタイ語記事でした!1位がタイ語の記事というのはなかなか弊社らしいですね。
内容は日本語のフォントについて、日本語を使用したデザインを制作する機会が多いタイ人デザイナーとしてポイントを詳細にまとめてあります。
わたしたち日本人も、タイ語のデザインを扱うときはフォントや改行位置など困ってしまう要素がいろいろありますが、外国人のデザイナーが日本語を使うときも色々と難しいポイントだらけですね。記事はタイ語ですが、挿入画像なども愉しんでみてくださいね。

 

 

* * *

 

 

 

以上、今回はsummitの年間ランキングをお送りしました~!
タイ語・タイ関連記事が人気なのもなによりですが、札幌コンテンツチームも面白い記事が書けるようにがんばらねばという気合い入れにもなりました(笑)

色々なスタッフが不定期に更新していきますので、引き続きG8summitをよろしくお願いいたします。