MENU

19467674_1073929602708811_6930361167376184470_o

北海道が好き、北海道に行きたいTrippinoユーザーを招待。
初のファンミーティングイベントを行いました。

 

こんにちは。Gear8の山田です。
2017年7月現在、TrippinoHOKKAIDOタイ語版Facebookページのファンは約9万7千人。ありがたいことに、タイ現地でもTrippinoHOKKAIDOのクマを見たことがあると言ってくれる人が増えてきました。今回はアプリローンチから2周年記念のイベントとして、Trippinoユーザーと直接話して「今知りたいこと」を聞きたい!という想いからファンミーティングを企画しました。当日の模様をお伝えしたいと思います。

会場に選んだのは、エカマイというエリアにあるコワーキングスペースのリビングルーム。

IMG_6893

ホテルのセミナー会場を貸し切ってみたいという願望もありましたが、TrippinoHOKKAIDOはまるで北海道に詳しい友達のように、近い存在でいたいという思いもありあえてアットホームな会場をセレクトしました。

IMG_6878

TrippinoHOKKAIDOブログFacebookでイベントの告知を行いました。
イベント内容をまだ告知していない段階にも関わらず、先着50名の参加者応募枠が早々に埋まり、驚きと喜びに加え良いイベントにしなくてはというプレッシャーも少し。

ちなみに、今回参加応募フォームにアンケートを設けていたのですが、参加してくれたタイ人の方の中で「北海道への訪問経験」は約半数でした。

S_6441235684643

北海道に行ったことが有る人と、ない人では知りたい情報が違うはず・・今後のメディア作りに活かせそうな生の声を聞くのが楽しみになってきます。

 

イベントの司会進行は、タイ人スタッフのアイスと、以前札幌に60日間滞在したことのあるMayちゃん。
IMG_6914

実際に北海道で暮らしたことのある二人の自己紹介からスタートしました。
そこから、北海道の旅行のおすすめポイントや注意したいこと、アクセスが難しい場所への行き方など、映像や写真を中心に紹介していきます。

受付で北海道に関する資料とおみやげをプレゼント。皆さん真剣に読み込んでくれています。

IMG_7012

IMG_6965

「北海道は、想像しているよりもずっと広いです。」

途中からは北海道人のTrippinoサポートスタッフとして私も参加させて頂き、声に大にして言いたいことを伝えました。限られた時間で行く旅行がほとんど移動だった、なんて寂しいですから。北海道旅行で行きたい場所がたくさんある場合、移動のスケジュール立ては重要ですよね。

IMG_7008
中盤ではリアルタイムテレビ電話企画!ということで大雪山の山頂とバンコクの会場をつなぎ、東川町ではたらくタイ人女性の方に出演頂きました。

IMG_7115

IMG_7121

ファンミーティング会場のバンコクは33度。旭岳ロープ雨l理の山頂は11度。
雪が残る風景に、参加者たちも驚きながら質問をしていました。「そこに泊まれますか?」という質問も。

IMG_7195

IMG_7196

休憩中には実際に北海道旅行を計画している方々からの質問やアプリの使い方のレクチャーをしながらコミュニケーションを取りました。
この時話した方々の数組が7月8月に北海道行きを確定しているということで、とても具体的な話になりました。

イベントの後半は北海道FOODの試食タイム。
IMG_7230

IMG_7280

味の好みや価格に対する感じ方は実際に聞かなくては中々わからないもの。今回は2種類の試食を行い、どの味が好きかなどをアンケートをとりましたが、北海道B級グルメを特集する回やお菓子の食べ比べをやってみても面白いかもしれません。

IMG_7331

イベント前に予想していた答えと違うアンケート結果が!
やはり、実際に食べてもらうのが一番ですね。とても勉強になりました。

最後はTrippinoHOKKAIDOを一緒につくろう、ということでアプリ内にある旅のテーマというコンテンツについて興味がある方を選んでもらいました。

IMG_7400

どちらが選ばれたは今後のアプリの更新をお楽しみに、ということで。
このアンケートでも意外な結果が多く、今後のタイ人向けプロモーションに役立ちそうな情報がたくさんでした!

ラッキードローで北海道グッズをプレゼントした後は、全員で記念写真。

19467674_1073929602708811_6930361167376184470_o

 

普段はSNS上で交流することが多いユーザーとこうして実際に会って話をすることができて、オンラインメデイアではあるものの、オフラインでつながることの重要性を感じました。

一時的な観光客の入り込み数を伸ばすことより、長期的なファンを作っていく。そのために、コアな北海道ファンにとって大切なメディアに育てていきたいと改めて思います。

第1回の試みで、私達も不慣れなことが多かったのですが、日本とタイの共同イベント実施の経験も出来たことは私達スタッフにとっても勉強になりました。

今後も第2回、第3回と定番のイベントとして北海道行きを計画しているタイ人とTrippinoHOKKAIDOチームとで楽しめる時間を持てたらいいなと思っています。

タイ人観光客向けのプロモーションで何かちょっと変わったことをしてみたい、本音を聞いてみたい、という企業や自治体の皆さまはお気軽にご連絡くださいませ。
Summitに掲載していないイベントのアンケート結果やヒアリング内容もあるので、より具体的なプロモーション提案をさせていただけると思います。
※お問い合わせはこちらから

 

最後に
灼熱の中、試食用の調理等を担当してくれたGear8Thailandのスタッフの皆さんに感謝します!

名称未設定 1

次回は8月の国際旅行博TITF。こちらもブース出展をして日タイ合同でイベント頑張ります。
期間中会場にいらっしゃる方はTrippinoHOKKAIDOブースを見つけてください!